yellow pills
  • 検査の負担を減らすため

    Common drugs

    各保健所などで淋病の検査が行われるようになっていますが、できるだけ費用の負担を少なくしたいという場合は、保健所を利用すると基本的に無料です。利用するといいでしょう。

    Read more

初期症状で気づけるように

imported drugs

淋病の初期症状は、風俗店に行った後や性行為の数日後に、尿道の辺りがムズムズしたり、痒みが出現して尿道口の周囲がべたついた感じになります。時間が経つごとに尿道口より色の白色や黄色い膿が出てきて、下着が汚れます。この時に排尿時に痛みを伴う人もいますが、人によっては痛みを感じない人もいます。一般的に言われているのが、風俗店などに行って尿道口より膿が出るのが淋病と言われていますが、他にも原因菌としては連鎖球菌、ブドウ球菌、大腸菌などでも発症する事があるので、症状が出た場合は病院にて検査する必要があります。風俗店にての感染が考えられる場合は仕方がないですが、性行為後の場合はパートナーも一緒に検査を受ける気持ちを持たなければいけません。自分だけが治癒しても、相手が感染している場合はいつまでも感染を予防する事ができません。

淋病の検査は、通常の細菌の培養検査では検出ができません。嫌気性菌という酸素のある状態では発育のできない細菌です。酸素の無い状況にて特別な栄養を与えて培養をしなければいけないので、手間と時間がかかります。検出率は約75%です。現在では細菌培養法に変わってDNAを調べる方法が開発され実用されています。このようにして検査の結果淋菌と診断されます。淋菌だけでなくその他の菌において、膿がたくさん出てくるような症状が続く場合には細菌増殖が進行している状態ですので、できるだけ早く治療しなければいけません。治療に飲み薬だけで治そうとする人もいますが、現在治療において使用されるペニシリン等に耐性化が確認されているので、淋病の治療においてはセフトリアキソン(ロセフィン)の筋肉注射などが使われるようになりました。淋病は確実に治さなければぶり返すこともありますので、病院にての確実に治癒が言われるまでは治療しましょう。

感染者がかなり多い

drugs derived from natural

淋病という病気があります。これは性感染症となりクラミジアの次に多い国内で2番目に多い性病となっています。男性でも女性でも感染の可能性があります。必ず気を付けておきましょう。

Read more

検査キットを使おう

medicine and health

検査キットを使って淋病の検査をすることができるようになっていますが、検査キットはどのような方法で利用することができるのかというと、手順は次のようになっています。

Read more